News

2020 / 06 / 27  16:30

梅雨特集1「スラックスの折り目対策」

梅雨特集1「スラックスの折り目対策」

雨や湿気が多い時期はスラックスを履くのが
憂鬱という方も多いのでは無いでしょうか。
その原因の一つはスラックスの折り目、
「センタークリース」(クリースライン)が
湿気により消えてしまう事にあると思います。

そもそもセンタークリースとは何でしょう。
creaseクリースとは英語で折り目の事。
特にスラックスの前後中心に入れる
折り目を指す言葉として、
"center crease"センタークリースという
用語が世界共通となっています。
このディテールの起源には諸説ありますが、
19世紀末に英国王室で誕生し
その後定着したと言われています。

そんなセンタークリースはスラックスの
シルエットを支える骨格の役割を果たしていると
私は考えています。


折り目が前身頃と後ろ身頃の中心を通る事で、
それが芯の様な役割を果たしてパンツの筒が
真っ直ぐに落ち、横では無く前後に
ボリュームが出る事で、前から見た時に細く、
横から見た時に立体的に見える様になります。


スラックスの設計上もこのセンタークリース線を
中心線として裁断し仕立てられているので、
何と無く真ん中に見た目のアクセントで
折り目を付けている訳でな無く、仕立ての観点から
見てもとても重要な線なのです。
センタークリースは見た目にも設計上も大事な線なのです。
8BB5593E-05F3-472A-B64D-C3206EA4823F.jpeg

視覚的な効果だけではありません。
ビジネスシーンや軍服などの制服の
例を出すまでも無い事ですが、
センタークリースがしっかりと入っている事は、
身嗜みの細部にまで気を配っている事、
常に備えが出来ている事の証となり
清潔感や信頼感に繋がります。

このセンタークリースが消えると
本来の設計で狙ったシルエットが崩れ、
横に広がった様な締まらないシルエットに
なってしまい、筒が真っ直ぐに落ちません。
結果としてだらしない印象になりがちです。

センタークリースはもちろんプレスで復活します。
しかしばっちりプレスをして家を出たのに、
お天気が悪かったり湿気が多かったりで
半日も経たずにセンタークリースが取れてしまった
というご経験をされた方も多いのでは無いでしょうか。

そんなお悩みに応える対策の一つとして
こちらはいかがでしょうか。
「クリースステッチ加工」という手法です。

7E666E16-C4AD-4F5E-83D7-B32A16320A44.jpeg
センタークリースは通常アイロンを用いた
プレスでのみ折り目を定着させていますが、
その折り目のぎりぎりキワを細かくミシンで
縫ってクリースラインを縫い付ける事で
半永久的に折り目を消えなくする手法です。


職人がぎりぎりの端を狙って細かくミシンで
縫うので、言われてじっくり見ないと
縫われている事は分からない位です。

今回クリースステッチをまとめてご依頼下さった
お客様に特別にお許しを頂いて、
お手持ちのパンツ(ジャージー素材)の
before afterを撮影させて頂きました!

before
D368B9E7-9821-48EC-B791-2FFA4CB94002.jpeg
柔らかいジャージー素材という事もあり
センタークリースがぼんやりしています。

after
ADCDB614-DC8E-4256-9F89-D13260D3D510.jpeg
折り目がビシッと立体的に入りました! 

before2
0368F402-77E1-408F-874F-1382CD225D80.jpeg
先ほどのパンツの後ろ側

after2
114882BD-A611-47C8-9880-3F60FFDB65A3.jpeg
見違えました。夏場に汗をかいた状態で
座っているとモモの裏側の折り目がすぐに
消えてしまいますが、これでその悩みからも
開放されます。

before3
EC89D183-20B6-4DB4-8CE3-69DFB1A1E1A9.jpeg
もう1本のベージュ。多少ハリのある素材
ですが、すぐ消えてしまいそうな雰囲気の
クリースライン。

after3
B55268DA-9B66-4C69-8858-D2DFAFBC54C7.jpeg
気持ち良く通ったクリースラインに。

before4

E4D2A99B-7C9F-4A45-89EC-AD8D99FFBC72.jpeg
ベージュのパンツの後ろ側

after4
E5DFAE07-D0BE-415D-9E42-33FFF17466D5.jpeg
美しい折り目。これだけしっかり
クリースラインが入っていますと、
多少全体がシワになってもちゃんと
見えるのも嬉しいポイントです。
クリースステッチ、良い事ずくめです。

 

私もクリースステッチを入れてみました!
ラルスミアーニのコットンで仕立てたパンツです。
219873D9-4E19-4876-99E9-E20C2F7F41EA.jpeg

02F4FA23-62C8-4D6C-81F6-97AA239F75CD.jpeg

250114FD-28F7-44AB-BE19-56453495D962.jpeg
タックの上ぎりぎりまでステッチが入っています。

DB5C349E-C395-45BB-842B-D020FBE1BD0A.jpeg
ダブルでもこんな感じでステッチが入れられます。

履いてみました!
CACAD70D-CE15-45E7-BFD9-FFAF61596EAE.jpeg
いつもより太めのシルエットにしたのですが、
クリースラインの効果によりすっきりとした
シルエットに見えます。縦長効果抜群です。
AA37D82A-F6F1-4B1C-8131-19D094E1B5FD.jpeg
横から見た時の立体感もばっちりです。
4BAC0CE9-9E82-48D8-BB40-C650FC6199E9.jpeg

という訳で大いにお勧めのクリースステッチですが、
一点お伝えしたい点があります。


じっくり見ても分からないくらいの高い精度の
加工ではありますが、やはりステッチを入れる結果
少しスポーティーな雰囲気が増します。
その為ダークスーツなど格式の高い服には
雰囲気的にミスマッチな加工だと思います。
お勧めはコットンパンツ、リネンパンツ、ジャージーパンツ、
単品のウールスラックス等。ショーツや
あえてジーンズに入れるのも良さそうです。

本題に戻しまして、
「じゃあスーツのパンツのセンタークリースが
消えてしまう問題はどうしたら良いの?』
というお声が聞こえてきそうですが、
その対策は次のNewsにご期待下さい。

 クリースステッチ加工
・前後の折り目線にステッチをお入れします。
・納期は約1週間です。
・料金はパンツ1点につき1,500円+taxです。
・弊店でのオーダー品はもちろん、お持ち込みの
 パンツでも喜んで承ります。
※素材や仕様によっては加工が難しい場合がございます。
 

------------------------------

<ザ・ドレッシング・ラボ>

TEL:090-5251-0849
SHOP:03-6874-6710

LINE:9ADB68DE-9C56-4490-A3F4-2107D54EF7F1.jpeg
MAIL:tdl.hayashi@gmail.com

お問い合わせフォームはこちら

-------------------------------- 

※ご来店の際は必ずご予約をお願い致します。
お下見・ご相談だけでも喜んで承りますので、
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020 / 06 / 12  16:00

夏に向けてのご提案第二弾「カプリシャツ」「バンドカラーシャツ」

夏に向けてのご提案第二弾「カプリシャツ」「フルオープンバンドカラーシャツ」完成!

 

今年もちゃんと蒸し暑くなってきましたね!
ちょっと外を歩いただけでも確り汗ばみます。


四季の巡りの中で必ずやってくる梅雨。
気圧の変化と湿気でつい気持ちが萎えそうになりますが、
身に着けるものだけでも爽やかで肌触りの良いものにして、
少しでも元気に気持ち良く過ごしたいところですね。
そんな訳でこれからの季節に向けてのご提案第二弾です。

 

前回のNewsでご紹介した「クラシックショーツ」
間違い無くこれからの季節を楽しくしてくれるボトムスの
ご提案ですが、第二弾は心と体を開放的にしてくれて
快適性抜群なトップスのご提案です。

 

 

 

"カプリシャツ" Capri Pullover Shirt
6042DF3F-1A03-41CF-9DD1-5D519BA6F5A2.jpeg
夏の定番、リゾート用のプルオーバーシャツです。
独立前も含めてオーダーメイドでの取り扱いは
今回が初ですが、お客様からのリクエストにお応えして
スポーツラインに加える事に致しました。


カプリシャツと言えば、生地はやはりリネン。
適度なハリがあり、吸湿性と発散性に
優れているので常にさらさら。
そして天然の抗菌性も備えていて、
夏のシャツ生地として最強なのです。

564977E4-A7AC-4813-AC33-0B6CFB41036E.jpeg

洋服は肌の露出が少なければ少ない程
フォーマルになっていきます。
ショーツやカプリシャツはその対極ですね。
深く開いた胸元が涼しく、見た目にも
リゾート気分を盛り上げてくれます。

8BD4D62B-A3E3-4270-A2F2-3F8D944ACA11.jpeg

フロントはループ留めがカプリシャツのお約束。
全開だとかなりセクシーなので、
街で着るなら一つ掛けがベターです。

45FBE154-EAA1-4FE0-9B43-3184B4D2842C.jpeg
前を重ね合わせて留める通常のシャツと違い、
留めても生地が重ならず少し隙間が出来る形。
胸元の開放感と涼しさが断然違います!

DD501BE9-808A-4E28-AADC-57A3E3AE0D79.jpeg

襟も通常のシャツと異なります。
台襟と襟の2パーツで構成されるシャツと違い、
台襟から1つのパーツで構成されたワンピースカラー
なので、柔らかいロールを描くのが特徴です。
ちゃんと寝かせるも良し、フワッと立て気味に
着るも良しです。


カプリシャツには確りと開いた襟が合います。
こちらのオーソドックスなワイドスプレッドカラーに加え、
さらに開きの強いカッタウェイもお好みでお選び頂けます。

11A16032-DCDA-40E9-A28A-0F88FE1BAB75.jpeg

袖口はスリットも入れずシンプルな形。
(こちらの6分袖、または長袖がお選び頂けます。
長袖の場合、袖口はボタンで留める通常の形になります。)


このままで着るも良し、
EA936522-8EB7-4C87-861A-59B1A17E139F.jpeg

折り返したり、ラフにまくっても格好良いです。

A11E2B36-3904-4E2C-AAEC-3DCCBB896447.jpeg

裾は前後の差を付けずストレートにカット。
脇にスリットが入ります。 

FFFC7F2C-BD4B-49C4-8A2D-8168C5844949.jpeg

着てみました!
オーダーメイドなのでサイジングはお好みですが、
私の場合ドレスシャツからワンサイズアップして、
リラックス感のあるフィット感を狙いました。

プルオーバーなので、少しゆとりがある方が
脱ぎ着がし易いというのもあります。
私も初のかぶりタイプだったプルオーバーバンドカラー
最初戸惑いましたが、今や脱ぎ着に関しては熟練しました笑

43F5FE9A-A75B-4E25-AA78-6AE48B45394A.jpeg

ボトムスを選ばないカプリシャツですが、
やはりショーツとの相性は抜群です!

 

お店で着るのも良いですが、
やはりビーチサイドで着たいです!
今年の夏はこのカプリシャツをお供に
愛する熱海に行けるか・・・
皆様も夏のお出かけに、開放感がありつつ
エレガントなカプリシャツはいかがでしょうか?

 

もう一つのご提案は
”バンドカラーシャツ” Bandcollar Shirt
プルオーバーバンドカラーは以前ご紹介しましたが、
そのフルオープンタイプです。 

823CD3FD-A0A5-43C4-B0D5-95DD7B70F707.jpeg

こちらもリネン100%。
コットンとは一味違った
水彩の様な発色が美しいです。

64E5DCE7-E6DA-4E38-9D7D-F23DBB894F63.jpeg

このバンドカラーの雰囲気、
とても気に入っています。
高過ぎず、低過ぎず、良い加減。

17964091-4E9E-4961-A2AE-018A3CCF7777.jpeg

着てみました!
プルオーバーの時はカジュアルな着こなしだったので、
フルオープンは少しだけドレッシーに。
バンドカラーシャツはベストと大変良く合います。

129F520F-D991-4E95-8EDA-C8558424856C.jpeg

一枚で着るとこんな感じです。
(ベストの下に着用していたのでシワシワで恐縮です。) 
一枚で着る場合は袖をロールアップしたり、
ニットを肩にかけたりすると雰囲気が出て
素敵だと思います。

3AADF824-3B53-43ED-B4D3-38AE4ABB81E7.jpeg
実はスーツにも難なく合います。
スーツは着たいけれど、あまり堅苦しく
したく無い時、バンドカラーシャツを持ってくると
程よくドレスダウンされて柔らかさが出ます。
着こなしもかなり差別化される事と思います。

50582EED-A297-47F3-8D84-6967D9D3D4A2.jpeg
カジュアルはもちろん、スーツに合わせたりと
ちょっぴりドレス寄りの着こなしもOKな守備範囲の広い
バンドカラー、一枚あると大活躍間違い無しです。
私もバンドカラーコレクションを増やしつつ、
ドレッシングラボ の定番アイテムとして、
着こなしのご提案をして参ります。


カプリシャツやバンドカラーシャツにうってつけの
リネン素材やコットンリネン等のシャツ生地も
多数ご用意しております。
ぜひ夏のお出かけに向けて、
ドレッシングラボ にご相談下さいませ。

------------------------------

<ザ・ドレッシング・ラボ>

TEL:090-5251-0849
SHOP:03-6874-6710

LINE:9ADB68DE-9C56-4490-A3F4-2107D54EF7F1.jpeg
MAIL:tdl.hayashi@gmail.com

お問い合わせフォームはこちら

-------------------------------- 

※ご来店の際は必ずご予約をお願い致します。
お下見・ご相談だけでも喜んで承りますので、
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

 

 

 

2020 / 06 / 04  19:20

夏に向けてのご提案第一弾「クラシックショーツ」完成!

夏に向けて第一弾「クラシックショーツ」完成!

6月に入り流石に日差しが強く、
そして湿度が上がってきましたね。

予告をしながら大変お待たせしてしまいましたが、
仕立て職人さんにも頑張って頂き、ようやく
夏に向けてのご提案第一弾が仕上がってきました!


早速試してみましたが、これがあれば春夏を
楽しく快適にお過ごし頂ける事請け合いです。
早速ご覧下さい。

 

 

ザ・ドレッシング・ラボ スポーツライン
"クラシックショーツ" Classic Shorts
9F02525E-0B83-433B-B3FF-DA19CF042949.jpeg

いわゆるショートパンツですが、
テーラード技術を駆使した履き心地と
見た目の上質感により、普通のショートパンツとは
一線を画す仕上がりとなっています。
もちろんオーダーメイドでお体に合わせてお仕立てします。

 

記念すべき第1作目はショーツと言ったら
外せない100%リネンで仕立てました。
打ち込みのしっかりとしたヘビーリネンです。
色はカーキをチョイス。


まだ仕上がっていないのですが、
同じ生地のジャケットとベストも
仕立てており、ショーツの3Pスーツで
着用を企んでおります。

B16A48D6-7C14-4249-825A-1F4CE646B2D1.jpeg

サイドアジャスター仕様。


オーソドックスにベルトで履いて頂く
仕様はもちろんお選び頂けますが、
ジャストサイズでお仕立てできる
オーダーメイドだからこそのベルトレス仕様も
捨て難い選択肢。


お腹周りの締め付けが無く、ショーツの
軽快さや高いテーラード技術だからこそ為せる
柔らかい仕立てを存分に堪能頂ける仕様です。

59572557-87DE-4BD7-9B80-E3F7CFE7DE88.jpeg

ウェストバンドの持ち出しというパーツ
(ボタンで留めている部分)を長くした仕様。
これは履き心地というより見た目の味付けです。
サイドアジャスターと併せて、
クラシックなムードを盛り上げてくれています。

ノータック、ワンタック、2タックから
お好みでお選び頂けます。
イチオシは控えめに主張があるワンタックです。

171F973F-1B23-452E-B6DA-6A5BE5E1CA4F.jpeg

バックスタイル。こちらのショーツの
ヒップポケットはあえて右側一つだけに。

お尻のポケットはお好みで左右お付けしたり、
ボタンの有無もお選び頂けますが、
右側一つだけにするとよりクラシックな雰囲気に。
ウェストバンドの後ろ中心にはスリットが入ります。

9FEBF419-5018-48F4-AC3D-E3E03D0A30B1.jpeg

画像右側がパンツの後ろ側にあたるのですが、
お尻から裾へと続くラインがカーブを描いているのが
ご覧頂けるでしょうか。これにより体に沿った
美しいバックスタイルが出ます。

ショーツでも、いやショーツだからこそ
ヒップラインにはこだわりたいところです!

裾口の幅もお好みのままにお仕立てできますが、
私のショーツはあえて細い裾口にして、
テーパードを強くしました。
ドレッシーでジャケットにも合わせやすいバランスです。

BEA733E6-7A59-4281-8F66-7D9D1FE364E8.jpeg

ダブル3.0cmの折り返した裾口。
裾口は折り返すダブルまたは
シングルをお選び頂けます。


シングルの場合は気分次第で
一折りして軽快なバランスの
ダブルで履くのも楽しいです。

 

履いてみました!

8C04B767-AC17-49E2-86A0-BF3F1B256A23.jpeg

長さはお好みですが、上品に見える
長過ぎず短過ぎずの膝上丈がご提案です。

C92EF2A0-5CAE-45B3-BBC5-3083315F60CB.jpeg

ボリュームの塩梅が絶妙なワンタック。
そして裾口を適度に絞りモモに沿わせる事で
ドレッシーな仕上がりになっています。

 

9C0D5566-EC96-48B8-8251-7408F1D2C85D.jpeg

お尻からモモにかけての立体的な
美しいシルエットがポイントです。
後ろの股上が深くしてある事により
ヒップを引き上げたようなシルエットが
出ると共に、履き心地の安定感も抜群。

B3450F6D-F93E-45E5-A357-C0D493F9CC8B.jpeg

長い持ち出しとサイドアジャスター、
ワンタックなどテーラードらしいディテールが
良い味を出しています。

034F298D-4C1E-4745-A5EE-081663AFBE87.jpeg

ジャケットとの相性も検証。
スポーツジャケットを合わせてみました。

B3EEC814-F747-4ECE-B5FC-0F811C1DB0D7.jpeg

ショーツの細身のラインが
ドレッシーな雰囲気で
ジャケットと合わせ易いです。
これは同素材のジャケットベストと合わせて
3ピースで着る日が待ち遠しいです!

 

 

ショーツサンプルをもう1点
素材違いで仕立ててみました。
ブラウン×ネイビーのウールシアサッカー。
ストレッチ性抜群です!

CC276506-5CC0-4113-B90A-9867A9960B09.jpeg
カーキのリネンと基本的に同じ仕様ですが、
裾はシングルでステッチを入れて、
もう少しスポーティでリラックスした雰囲気に。

07F163E2-9953-4CFE-AB3F-58EFC7C4A08D.jpeg

履くとこんな感じです。シアサッカーの素材感で
ソフトな印象に。ハリのあるリネンも大好きですが、
これはものすごく動き易く、コンフォータブルです!
実際これでサイクリングも出来ちゃいました。

7DA312FD-AD73-46FB-AA71-978EDEFBFE2E.jpeg

シングルならではの楽しみ方。
裾を折り返してみました。
ガラッと印象が変わります。

C9592F00-4D9B-47B7-9ECC-843B67A60536.jpeg

より軽快感が出て、このバランスも好きです!
シングルも楽しいです。

 

ドレッシングラボのスポーツライン、
「クラシックショーツ」いかがでしょうか。
ショーツ(ショートパンツ)は沢山ありますが、
上質感がありジャストフィットするショーツは
数少ないと思います。
ドレッシングラボのショーツですと、極論
Tシャツにビーチサンダルでも上質感が出ます。
普段の着こなしが格上げされる事間違い無しです。
夏のワードローブにぜひ加えて下さい。


今回私が仕立てたリネンやシアサッカーはじめ、
ストレッチコットンやデニムなどなど、
ショーツにうってつけの生地を多数ご用意しております。
生地や柄違いで毎夏ショーツコレクションを
増やしていくのも楽しいかも知れませんね。


私自身、今回ちゃんと仕立てたショーツの履き心地を
知り、この快適性と開放感に完全にはまってしまいました。
毎年作り続けていく事でしょう。

 

夏が楽しくなる企みがまだまだあります。
次回「夏に向けてのご提案第二弾」もお楽しみに!


"Classic Shorts"オーダーフェア
2020.6.6〜6.30

6月中に「クラシックショーツ」をご注文のお客様に、
今の時期ならではのプレゼントをご用意致しました。

D455D917-0DAE-4C10-8802-68E09E04E2E9.jpeg
肌に優しく涼しいコットンリネンシャツファブリックにて
立体的に仕立てた弊店オリジナルのテーラードマスクです。
夏の装いの仕上げにうってつけです。
ぜひこの機会にドレッシングラボに足をお運び下さいませ。

※ご来店の際は必ずご予約をお願い致します。
お下見・ご相談だけでも喜んで承りますので、
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

------------------------------

<ザ・ドレッシング・ラボ>

TEL:090-5251-0849
SHOP:03-6874-6710

LINE:9ADB68DE-9C56-4490-A3F4-2107D54EF7F1.jpeg
MAIL:tdl.hayashi@gmail.com

お問い合わせフォームはこちら

-------------------------------- 

 

 

1