News

2020 / 09 / 26  16:30

2020AWリコメンドファブリックvol.4 Caccioppoli【Jacket】

2020

 

 

前回の"Suits"に続き、今回はカチョッポリの最新コレクション"Jacket"をご紹介して参ります。カチョッポリらしい定番生地と新しい挑戦の生地がバランス良く入っています。色はスーツ同様ボルドー、グリーン、そしてテラコッタのトレンドカラーたちが存在感を出しています。では、早速生地を見て参りましょう!

 

 
トップバッターはこちらのコレクション。ウールにシルクとカシミヤがミックスされていて、とてもしっとり。ほんのり光沢もあります。コントラストを抑えたチェックが美しいです。そしてカチョッポリのお得意、パンツ生地との組み合わせを見るも楽しみの一つ(右斜め下に写っている生地が、このジャケットに合わせるパンツ生地の提案です。)!全21種のボリュームです。

B06B21C7-7E49-45F1-9B61-DBC1C6DAD542.jpeg
ブラウン系のジャケットにチノパンツ、良い組み合わせ。
3B84E47E-B031-464A-A350-28D201C09892.jpeg
C6B4AF0D-DE71-47FB-B04F-35C3BDC014B8.jpeg
B7198807-AD6B-4E4F-9579-A0161650B9EC.jpeg
EE60B233-DE85-41C3-8F81-6BCDA6D05139.jpeg
カチョッポリのコジモ氏イチオシコーデ、ブルー系のジャケットにオフホワイトのコットンパンツ。爽やかです!
65785A79-1296-4BF2-9D6A-ED256975EFB4.jpeg
FAFB4843-2836-453B-B3A4-05BA581AE508.jpeg
88F174E0-03E2-44BC-A286-B816970652D1.jpeg
C7A7EF10-DEED-4992-9F4F-E26897E3864D.jpeg
3884C73B-4FB3-4FA6-BD8A-BA90B19E0922.jpeg
68094CFE-8FA2-4E5F-9C78-446634890646.jpeg
7CDFC75F-ADDC-468C-B496-FB6F39126CAE.jpeg
CFAA1000-77D5-40B3-BB5D-1159E8AEC665.jpeg

そして今年らしいシリーズ。なんとウールシルクに10%麻が入った生地です。ウールシルクリネンの三者混と言えば春夏の代表素材ですが、今回チャレンジで秋冬に初登場。賛否両論ありますが、私としては生地の風合いやコーディネートでしっかり秋冬感が出せると思うので、秋冬らしい色柄で、でも軽快なジャケットを着たいという方には嬉しい選択肢、大いにありだと思います。試しに2番目の生地でサンプルを仕立ててみましたが、良い感じです!そのうち冬のリネン混が定番になるかも知れません。
9D4CA14E-BD46-4FED-933D-93DF38D0EC90.jpeg
BE49926C-5157-4B66-AF4F-981321837807.jpeg
07DD8EEA-096B-4AC2-AC41-5D17B21BA99F.jpeg

カチョッポリはその色合わせの面白さからつい柄物に目が行きがちですが、このウールシルクの無地シリーズ、とても良いです。シルクはわずか4%なのですが、ツィードっぽい質感に艶が加わって、とてもエレガント。淡いグレージュ、深いブルー、色も素敵です。軽めの生地なのでこれでジャケットを仕立てたら、夏以外の3シーズン活躍します。
E1B0B0C7-5FC0-4366-8D6D-C1DECAEA3149.jpeg
8B281D98-961C-470C-9E6A-55C6D84AC292.jpeg
737724D5-126E-4021-95D0-42C9DE7B7915.jpeg

ものすごくカチョッポリらしいガンクラブチェック。この辺りのクラシック・チェックをアレンジするのが、本当に上手です。色が沢山入っている分、他のアイテムの色を拾いやすいので、難しそうに見えてコーディネートし易いのもポイント。格好良い鉄板生地。
22159683-E4D7-449B-9502-7FA00874D446.jpeg
2878BF1C-3828-4165-9559-EC7A57DDF016.jpeg
3D002BA7-4293-4FE2-9DA4-3079D5AC813D.jpeg
幅広ヘリンボーン。何となくダブルのジャケットを仕立てるイメージ。
E7A388F5-FED0-4378-BF52-472E4A13B8BA.jpeg
7E2484B8-5E9D-484E-9FF7-BF13830DAE62.jpeg
ストライプ!なかなか攻めていますが、仕立てるとスクールジャケットっぽい可愛い仕上がりになりそう。作ってみたい。
DA8F37CF-B3C4-4A06-95F0-B84253BAAA9D.jpeg
BBAD6DA9-1047-4994-9162-6394718F7C87.jpeg
個人的にとても気に入ってオーダーしたブラックウォッチ!長年頭の片隅にブラックウォッチのジャケットを着たいというアイディアがありながら、あまりにも定番すぎて見過ごして参りましたが、今年念願叶いました。この深くコントラストを抑えた感じがたまりません。仕上がったジャケットはイメージ以上の良さでした!近いうちにご紹介致します。この生地で軽いコートなんかも良いですね。
4F2C7F59-08EF-4DC4-B6D7-10B64710CCE2.jpeg
ツィードシリーズ。ヘリンボーンやホームスパンなど定番のツィード生地もカチョッポリの手にかかれば、この雰囲気。どれも良い色で目移りしてしまいます。
685BFA17-737D-4D38-A5BE-1C1FA2FADE7B.jpeg
8C3C6EB2-F438-44BB-8499-0BB7C483E6F1.jpeg
D82CF3D0-2127-4405-90C8-644DF2E1E63D.jpeg
0C29779C-2404-499A-8672-62668EF6CC60.jpeg
9F4F7E1E-684C-49D5-98AB-E5EBDA5B288E.jpeg
1E9F6BDE-6DE9-49E0-B680-2043ED0141DD.jpeg
7211A67C-47B6-4B4F-A235-A06ACBC95E40.jpeg

Caccioppoliカチョッポリのジャケットコレクション、いかがだったでしょうか。ボルドーやグリーンなど欲しい色がちゃんと入っていたり、ガンクラブチェックやツィードなどの定番はカチョッポリらしいアレンジがされていたりと、トレンドと定番のバランスが素晴らしく、手堅くまとめられている印象です。またウールシルクリネンという、春夏素材の組み合わせを秋冬コレクションに加える試みも、「シーズンレス」というキーワードが急浮上する昨今にあって、興味深いチャレンジだと思いました。奇抜過ぎない、でもありそうで無いジャケットをオーダーしたいという方は、ぜひカチョッポリのジャケット生地でオーダーしてみて下さい!皆様のご来店をお待ちしております。

-------------------------------------------------
<ご予約・お問い合わせ>

TEL:090-5251-0849
SHOP:03-6874-6710

LINE:9ADB68DE-9C56-4490-A3F4-2107D54EF7F1.jpeg
MAIL:tdl.hayashi@gmail.com

お問い合わせフォームはこちら
-------------------------------- 







2020 / 09 / 19  17:45

2020AWリコメンドファブリックvol.3 Caccioppoli【Suits】

2020AWリコメンドファブリックvol.3 Caccioppoli【Suits】

 この秋冬リコメンドファブリック第三弾は只今フェアを開催中の"Caccioppoli"カチョッポリ。今年で創業100年、ナポリ最古のマーチャントです。この大変な状況下でも、いつも以上に素晴らしい新作生地を届けてくれました。SuitsコレクションとJacketコレクションの2部で構成されておりますので、1部ずつご紹介して参ります。

 

 今週はSuitsスーツコレクションのご紹介。全体感としては引き続きメランジ感やスモーキーなトーンなどビンテージ調の雰囲気が中心。色使いでは、トレンドカラーであるボルドーやグリーン、テラコッタ(赤茶)にしっかりとスポットが当たって、トレンドが手堅く押さえられています。

 でも何より今っぽいなと感じたのは、秋冬のコレクションにも関わらず生地のウェイトが全体的に軽めである事。次週ご紹介するジャケットもそうですが、シーズンレスの傾向を感じました。しかしこんな事を書いていると、「せっかく秋冬なんだから、ちゃんと秋冬の生地感を楽しみたい!」(私も全く同感です。)というお声が聞こえてきそうですが、そこはカチョッポリ、しっかりと生地感や色柄の表現で秋冬の雰囲気を出しているのでご安心下さいませ。

 また、スーツ生地としての提案でありつつ明らかにジャケット単品パンツ単品でセットアップとしての使用を想定していると感じました。ビシッとスーツを着用する機会が減っている昨今、スーツ1着で何通りもの着こなしができるのは嬉しい事ですね。

 

 では早速生地を見て参りましょう!
-----------------------------------------------------------------------------
"ウール・シルク"
どのファブリックブランドも大抵そうですが、バンチブックの一番上にはそのシーズンのイチオシが来ます。今回のスーツコレクションのトップバッターであるこちらのウールシルクシリーズはメランジ調の質感、シルクのしっとりとした手触りと光沢、そして深みのある発色が素晴らしく、私も一目惚れ。秋冬サンプル第一弾をこちらの生地で仕立てました。弊店でもイチオシです!

3FD9AC96-7365-462E-A52B-82E1C466A327.jpeg
A0855B51-CF2E-4982-91F4-19D1B2E6494A.jpeg
0C7F86D3-CC34-4952-8A06-2B88D961A5E5.jpeg
こちらのボルドーでスーツを仕立てました。生地で見た時は「少し派手になるかな」と心配したのですが、仕上がってみると本当に格好良く、ディスプレイ用では無く自分用に仕立てたら良かったと後悔した程。仕上がりの画像はインスタグラムにてご覧下さいませ。
D3CB7438-D390-40C0-81D1-461250D08450.jpeg

-----------------------------------------------------------------------------
"ウール・ポリアミド"
これも今っぽいです。一見サマーツィード?と見紛う様なざっくりとした質感ですが、重めの色使いで秋冬らしく仕上げてあります。この「春夏っぽい質感×秋冬っぽい色柄」というミックス感が面白いです。
CAB3B590-1A79-4C0A-88F5-79081F5B287B.jpeg
2FD9998B-9BEE-4E33-B56D-62D8C032D1DB.jpeg

-----------------------------------------------------------------------------
"ウール・メランジチェック"
正統派のスーツ生地の登場。しかしこちらも今年らしい工夫が。メランジ&スモーキーカラーで雰囲気抜群ですが、こちらは実は1mあたり275gと軽快。なのでまだ暑さの残る9月(日によってはちょっと厳しいでしょうか...)10月くらいから秋冬の着こなしを先取りして楽しむのに持ってこいの生地なのです。
1AB472FD-6AC1-446D-A6A1-DC587A7493FB.jpeg
9E621309-B282-4FAE-AAC8-680AED7AE513.jpeg
75E6614B-97A0-4363-9432-A374F0092611.jpeg
631C9C82-C76E-44A8-9606-73D28AC632CE.jpeg
B51545C4-304D-4CA4-85A5-BAEEE36E9EB3.jpeg
EFBD0A98-B6C7-4D93-B84F-E59F119C2005.jpeg
CB437314-B061-479F-9527-30E48CA8D725.jpeg
9B590670-48D7-47D3-9A29-195417056D7B.jpeg
1F87513B-A7E4-4926-98AF-4D8AA430F5E5.jpeg
-----------------------------------------------------------------------------
"ウール・コットン"
このシリーズ、一見普通そうに見えてとてもユニークです。ウールにコットンが23%ミックスされているのです。ウールコットン特有の膨らみ感とソフトな手触り、着るとウール100%には無い柔らかいシワが入り、肩の力の抜けた雰囲気に。かっちりし過ぎない、でもカジュアル過ぎない、絶妙な塩梅のスーツ生地。これまた上下バラして単品使いに持ってこいです。全13種のボリュームにカチョッポリの力の入れ様が見えます。カチョッポリのバイヤー、コジモ氏も「肌触りもいいんだよ」とイチオシ。これも着てみたい!
6DA82549-6F9C-48A6-9168-AA84FB62D11B.jpeg
CDFAA5BA-9E6F-4782-8F42-3DE291D842CF.jpeg
7340C202-0D60-4BD3-BF65-35CAD5D3BCA3.jpeg


765A1D19-D266-4769-90BB-66E015C732A0.jpeg
9B5EC2AC-230D-4507-963C-3261024D3A0A.jpeg

83175676-1955-4647-9C55-CCD2CAB006FC.jpeg
ABC6060C-B2E4-455E-8CFC-F917029C94BA.jpeg
D4A3FB49-161C-4F04-A882-1F8DE6088F0D.jpeg
483A303B-1469-4DD0-A6F8-21BF63D4E8AD.jpeg
55D69163-2305-4F0B-9C6B-77B529823CA5.jpeg

-----------------------------------------------------------------------------
"ウール・シャークスキン"
このシリーズも素敵です。1mあたり260gと軽量なので、真夏を除く3シーズンいけます。マットなシャークスキンにお約束のメランジでビンテージの雰囲気を出しつつ、色使いはコントラストを抑えた中間色でとても現代的。すごく品が良くてチャーミングなスーツに仕上がる事請け合いです。糸に捻りがしっかりとかかっていて反発力が強いので、シワになり難いのも嬉しいところです。ご出張の相棒にいかがでしょう?
F0BBAE43-6FC7-4A6F-BE02-0DF67831C796.jpeg
D3A1FECD-77B3-40AF-9EF9-F64E0CAE3F4D.jpeg
F8E1022B-71BE-41A7-9ED3-D5627C553E62.jpeg
B4B19501-11E4-4183-83AF-081B41FE0F22.jpeg
B6A9C89F-0E79-4CF4-8867-CC5D1C29C35F.jpeg
7F45A325-B44D-4A1B-909B-CBDD5206A442.jpeg

-----------------------------------------------------------------------------
"ビッグ・コーデュロイ"
これがスーツ生地にカテゴライズされているのがイタリアらしい!話題沸騰の超太畝コーデュロイ。去年よりもさらに太くなっています。とても分厚いので仕立て工場泣かせのところはありますが、質感はもちろん色使いが最高で、私も自分用のパンツをオーダーしてしまいました。期待以上の仕上がり、近日どこかでお披露目したいと思います!
CBE008B8-6096-4FF2-9D21-C4BA8976566A.jpeg
9DE5F23A-5244-41CE-9DF9-75C003F48454.jpeg
E355A918-A0E5-459F-9D7F-1655D6C1626D.jpeg
594A0678-A03F-4BF7-BD39-2F4DCE791BD5.jpeg
19D2CFED-D0EC-40F5-9F53-B05B97A52B5E.jpeg
FF294AC4-7CD1-471A-BA63-CA4F455AF51B.jpeg
C19E452D-3A85-4D9A-AF76-7224C579AF85.jpeg

 Caccioppoliカチョッポリのスーツコレクション、いかがだったでしょうか。100年に渡る家族経営でカチョッポリらしさを継承しつつ、世界中のテーラーやオーダーサロンを回って意見を吸い上げるマーチャント。温暖化に対応して長い季節着られる生地のボリュームや、スーツの着用機会が減っているからこそのセットアップ使いに対応するカジュアル加減、さすがこれからのスーツ生地の向かう道を指し示すコレクションとなっています。そしてどれも文句無しの格好良さ!ぜひザ・ドレッシング・ラボにてカチョッポリの生地でスーツをご注文下さいませ。もちろん生地をご覧頂くだけでも大歓迎です。そして次週のジャケット生地もお楽しみに。


-------------------------------------------------
The Dressing Lab. 
"Caccioppoli EARLY ORDER FAIR"
2020.09.15 TUE〜10.04 SUN

・会期中はカチョッポリの新作含む秋冬全コレクションより、フェア特別価格にてご注文を承ります。
(オーダースーツ、ジャケット、ベスト、パンツ、コート)
・会期中ご注文のお客様にはウォータープルーフ・コーティングを無償でご体験頂けます。
・コロナウイルス感染防止の為、アルコール消毒、常時窓を開けての換気、マスク着用を徹底しております。
-------------------------------------------------
<ご予約・お問い合わせ>

TEL:090-5251-0849
SHOP:03-6874-6710

LINE:9ADB68DE-9C56-4490-A3F4-2107D54EF7F1.jpeg
MAIL:tdl.hayashi@gmail.com

お問い合わせフォームはこちら
-------------------------------- 

 

2020 / 09 / 05  18:15

2020AWリコメンドファブリックvol.2 DRAPERS【GREENHILLS】【FIVE STARS】

2020AWリコメンドファブリックvol.1 DRAPERS【MAGIC CASHMERE】

 第一弾は極上のジャケットファブリック、"MAGIC CASHMERE"をご紹介しましたので、第二弾はスーツファブリックで。

 まずは弊店での取り扱いは初となる"GREENHILLS"グリーンヒルズ。オーストラリアはグリーンヒルズ牧場にて飼育された羊から取れるメリノウールだけを使用した、ドラッパーズのスーツ生地で最上級に位置するコレクションです。

 

 ここで少し原料となっているメリノ・ウールのお話を。スーツ用のウールはそのしなやかさや原毛の白さなどのメリットから、ほとんどがメリノ種です。今でこそ一般的なメリノ羊、元々はとても珍重された羊で、産地や血筋で格が存在します。

 

 現代の高品質なメリノ・ウールの原点は12世紀にスペインで産まれたスペイン・メリノと言われています。15世紀から18世紀に渡りスペイン王室がメリノ羊を門外不出の扱いにして、生産と輸出を独占して富を築いたのは有名な話です。スペイン王室の加護のもとメリノ種はさらに改良されていきますが、その後スペイン王室がイギリスやドイツ、オランダへメリノ種の羊を寄贈し、各地で独自の発展を遂げながら今に至ります。グリーンヒルズ牧場のあるオーストラリアへは、18世紀末に英国軍大尉がスペイン→オランダ→南アフリカと渡来したメリノ羊を持ち込み、これによりオーストラリアは世界最大の羊毛産出国への道を歩み始めるのです。

 

 「グリーンヒルズ」はグリーンヒルズ牧場で飼育された、確かな血統のサクソン・メリノ種の羊から取れる本物のSuper160's の原毛を用いた、最上級のスーツ生地です。素材勝負なので、色柄は非常にシンプルでクラシックです。しかし、しっとりとした艶から普通の生地では無いオーラが出ていますし、手に取るとその滑らかさと反発力に感動します。
2FE04B43-2FDA-4FF7-80E0-5B8C482BC048.jpeg

 スーパー160'sと聞くと「デリケートで実用性が低そう」というイメージがあると思いますが、そこはさすがドラッパーズ。着る方にとって取り扱い易く、またテーラーや仕立て工場が仕立て易い生地に仕上がっています。そのためにタテとヨコ共に双糸(糸が一本の単糸に対して、糸を二本撚り合わせたもの) を用いている事がポイントです。その工夫により柔らかくドレープ感がありつつ、復元力に優れた生地に仕上がっています。また、生地生産の技術革新や世界的に軽さ快適さを求める流れから、いまやスーツ生地はスーパー150's以上の高番手(細番手)の生地が多く流通し、仕立てる側もお召しになるお客様も「高番手慣れ」してきています。その流れに「グリーンヒルズ」もしっかりと乗っています。

 

 1mあたり230gという、軽いウェイトにも注目です。一般的には1mあたり260g前後がオールシーズン生地の主流です。230gというと重さだけで見ると夏物の扱いになりますが、「グリーンヒルズ」は一年中着用可能です。夏物に多い平織と違い、透け感の無い綾織で構成されているので、軽さ柔らかさがありつつ、冬に着て頂いても違和感がありません。オールマイティーなスーツ生地と言えるでしょう。

 

 「グリーンヒルズ」の生地を写真でご紹介して参ります。

今回のイチオシ、「ヘリンボーン」シリーズ。凹凸の少ない極めてエレガントなヘリンボーンです。
CD2B8CAE-6315-404D-B5F9-F7F3437CB96E.jpeg
C79076CA-C3E2-477A-941D-07CDEB17DCCE.jpeg
30B54287-F5E2-4934-9305-A45E27671120.jpeg
2AB7106B-460E-432B-9AD4-B09DDF2E5FFE.jpeg

「シャークスキン」シリーズ。これぞイタリアンクラシコ。
A53914AD-274E-4486-B60C-0DD9D6ADDB9D.jpeg
D128923F-F428-4F81-9653-E7BC4EE58E34.jpeg
F1CF3E89-1F08-4485-9DD4-896556313702.jpeg
34C50E4E-45B7-4474-992C-8B15935C5C57.jpeg

織り柄で表現されたグレンチェック。好みです。
1DF8CEEE-05F5-4F2F-8342-C3EADDA84068.jpeg

ウィンドウペーン
A9491A6A-3C20-42CD-BFDD-AE1A4DC779CE.jpeg
D054B1AE-CF34-4DC5-8620-8D75CCEE01E3.jpeg

ストライプもとってもクラシックです。
27A746FD-B0B5-49C7-93CF-490AA263B8A3.jpeg
EF676B3A-B7A1-4678-9D23-EEEA66DA9206.jpeg
A18E8ECB-C74E-4906-9E2B-BDCBD85AD698.jpeg
"GREENHILLS"、栄華を誇ったスペイン王室とオーストラリアの羊たちに思いを馳せながら、ぜひ実際の生地をご覧頂きたいです。

 続いてはドラッパーズの定番"FIVE STARS"ファイブスターズ。先のグリーンヒルズとはガラッと趣向が変わり、太い糸で構成されたビンテージテイスト溢れるオーダースーツ向けのコレクションです。10年以上に渡り変わらぬクオリティでリリースされている、ドラッパーズのロングセラー。
2487A837-1206-460F-AC97-B407DC6627C3.jpeg

 「ファイブスターズ」の特徴は、何と言ってもそのビンテージの雰囲気。杢糸(色の違う糸同士を撚り合わせた糸の事)によって織られた目の粗い発色と、ざっくりとした風合い。メランジ感が素晴らしいです。色合いも全体的にくすんでいてわざと沈んだ感じや光沢が抑えめな感じが、本物のビンテージ生地の様です。こういったざっくりしていて光沢が抑え目の生地で仕立てるのがスーツのトレンドの一つともなっているので、そういう意味では旬な、古くて新しいコレクションと言えます。

 

 ウェイトは1mあたり370g。ウェイトはあるもののイタリア製らしいしなやかさがあり、重さを感じさせません。本物のビンテージと違い、固すぎない重すぎないちょうど良い塩梅。そしてドラッパーズらしいイギリスにもイタリアにも無い独自の配色、それが「ファイブスターズ」の素晴らしいところです。リアルビンテージと比べると柔らかいですが、程よい打ち込みで仕立て映えも間違い無し、耐久性もお墨付きです。この生地で仕立てたスーツを永く着て育ててあげたいものです。

 

 生地を一部ご覧下さい。

ファイブスターズの目玉、「オルタネートストライプ」。最近ストライプ熱が再燃していますが、特にこの辺りの絶妙な色の組み合わせのストライプは、かなり格好良いです!
3A2B15C5-B7F9-4608-85B3-5E1A0B9EA686.jpeg
49761D90-EE75-48A7-8A64-B7F7D2D59069.jpeg

チェックも素晴らしいです。スモーキートーンでありながら重すぎない色合わせは、さすがドラッパーズ。どれで作っても外れません。
41C4A669-8612-4EE0-A2D9-D8890599CA30.jpeg

A8FABCD8-1704-4835-8A15-3A15CCBE577D.jpeg
410CB5DD-4AE0-4DA6-95EC-F0BE5721CDF8.jpeg
2487A837-1206-460F-AC97-B407DC6627C3.jpeg
0CBA74B2-06C7-433E-8334-0807F5D25068.jpeg
F1188E42-CB71-4D14-AC57-03C7610F019C.jpeg
13840599-4F8D-4851-B8CB-4943665FADDC.jpeg
この辺りのビンテージ的な織り柄も今逆に新鮮です。メランジ感がたまりません。
50560324-1323-41D0-AD1C-8D30C3F04730.jpeg
C7542D41-8A85-4C8F-A4DD-DFF3FB1A89C6.jpeg

"FIVE STARS"ファイブスターズ、まさに5つ星の格好良さです! 

ドラッパーズの"GREENHILLS"グリーンヒルズと"FIVE STARS"ファイブスターズ、いかがだったでしょうか。ドラッパーズらしさ全開のスーツファブリック、ぜひザ・ドレッシング・ラボの柔らかく生地の特性を最大限に引き出す仕立てで体験してみて下さい。大好評のドラッパーズオーダーフェアも残すところ1週間、皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

-------------------------------------------------
The Dressing Lab. 
"1st Anniversary Month & DRAPERS EARLY ORDER FAIR"
2020.08.18 TUE〜09.13 SUN

・ご来店のお客様に1周年のプレゼントをご用意致しております(60名様限定)。
・会期中はドラッパーズの新作含む秋冬全コレクションより、フェア特別価格にてご注文を承ります。
(オーダースーツ、ジャケット、ベスト、パンツ、コート)
・コロナウイルス感染防止の為、アルコール消毒、常時窓を開けての換気、マスク着用を徹底しております。
-------------------------------------------------
<ご予約・お問い合わせ>

TEL:090-5251-0849
SHOP:03-6874-6710

LINE:9ADB68DE-9C56-4490-A3F4-2107D54EF7F1.jpeg
MAIL:tdl.hayashi@gmail.com

お問い合わせフォームはこちら
-------------------------------- 

 

1