Dress Line "Pants"

ザ・ドレッシング・ラボのオーダーメニュー「パンツ」Pantsをご紹介します。「パンツ」は「トラウザース」「スラックス」など複数の呼び方がありますが、弊店では「パンツ」と呼んでおります。弊店のパンツは他のアイテムと同様、できるだけ軽く柔らかく仕上げてあります。股上はお好みで調整できますが、浅からず深からず、そしてベストを来た時にも繋がりの良い股上となっています。後ろ側が引き上がった構造となっているので、ヒップラインが垂れず、足が長く美しく見えます。


ディテールのバリエーションとしましては、ノータック、ワンタック、ツータックがお選び頂けます。弊店ではワンタックのご注文が最も多いです。タックが深すぎない為、程よいボリュームが好評です。ベルトで履いて頂くか、ベルトレスにするかもお選び頂けます。弊店ではベルトレスにしてサイドアジャスターにするご注文が最近増えております。もちろんお好みでサスペンダーボタンもお付けできます。


パンツのシルエットもお好みのままに調整可能ですが、ドレッシングラボ の基本スタイルは渡り幅(太腿周り)や膝幅を若干広めにして、裾口を細くしたテーパードラインです。太腿や膝にゆとりがある事で立ち座りや動きが楽で常に快適でありながら、裾口が細い事によってすっきりと見えます。また、メリハリの効いたテーパードラインが美しいです。


せっかくのオーダーメイド。パンツも体型補正を施す事でさらに体に合って履きやすく、そして美しい履き姿となります。O脚の方や運動されていてお尻や腿がしっかりされている方、既製のパンツで合わないとお悩みの方はぜひオーダーメイドのパンツを体験下さい。

パンツ向けの生地も沢山ご用意しております。オーソドックスなウール素材はもちろん、ナチュラルストレッチの生地や撥水加工を施された生地など、ご要望に応じてご用意できます。また、最近はデニム生地やコットン生地、さらにはジャージー素材などカジュアルなパンツ素材も充実しております。お探しの生地がありましたら何なりとご相談下さいませ。

センタークリース(折り目線)の入ったパンツはエレガントで美しいですが、その分クリース線が薄くなったり歪んでいるとみすぼらしく見えるもの。着こなしにこだわる方ほど、折り目線が消えてしまうのが嫌だからお天気の悪い日はセンタークリースの入ったパンツ(スラックス)を履きたくないと言う方も多いでしょう。弊店ではそんなお悩みを解消すべくパンツのご注文の際に、「クリースステッチ」や「ウォータープルーフ・コーティング」と言った折り目線が消えてしまう事を防いでくれるオプションをご用意しております。お体に合わせてお仕立てするだけで無く、どんな着用条件でも気兼ね無くパンツの着こなしを楽しんで頂ける様尽力しますので、ぜひザ・ドレッシング・ラボにご用命下さい。

Pants
Photo Gallery