Dress Line "Overcoat"

ザ・ドレッシング・ラボのオーダーメニュー「オーバーコート」Overcoatをご紹介します。ドレッシングラボ には大きく分けて4種類のコートがあります。

Chesterfield Coat(チェスターフィールドコート)

Chesterfield Coat(チェスターフィールドコート)
弊店では最もドレッシーにして代表的なオーバーコートです。略してチェスターコートとも呼びます。シングルチェスターとダブルチェスターの2種類があります。ジャケットと同じ様に毛芯を用いて構築的に仕立てて参ります。ボリュームを持たせた胸からくびれたウェストにかけての滑らかなラインが特徴的です。ジャケットのコンセプトと同じく、出来るだけ軽く柔らかい着心地となる様、肩にパッドは入れずナチュラルなショルダーになっています。

オーバーコート 襟の登りとフィット感
襟の登りとフィット感は特筆すべきポイントです。オーバーコートの襟が抜けて、ジャケットの襟が覗いてしまうのは避けたいところ。弊店のオーバーコートはしっかりと首に乗る様設計されていますので、まるでジャケットを着ていないかの様に、首と肩にフィットします。見た目だけでは無く、しっかりと覆ってくれる事で暖かいですし、何より首と肩にコートがフィットするので重さが分散され、とても軽い着心地となります。

シングルチェスター
シングルチェスターの襟
シングルチェスターの襟は、ノッチドラペルとピークドラペルの2種類を選んで頂けます。腰ポケットは基本はフラップ付きの両玉縁ポケットですが、よりスポーティーな雰囲気にされたい場合、斜めの箱ポケットもご用意しております。

バックベルト
背中にはお好みでバックベルトをお付けする事ができます。見た目のアクセントに加え、腰位置を高く見せる効果があります。

ダブルチェスター
ダブルチェスターは、フロントがダブルになっていて、襟はピークドラペルが基本となります。シングルチェスターと比べて、ダブルですし襟幅も広く、重々しいイメージのあるダブルチェスターですが、弊店のダブルチェスターは柔らかくカーブしたラペルや、パッドの入らないショルダーラインなどソフトで重すぎない雰囲気に仕上げています。

ダブルチェスター バックベルト
ダブルチェスターもお好みでバックベルトを付ける事ができます。

チェスターフィールド
フォーマルシーンでも着用される様に、最もフォーマル度の高いチェスターフィールド。スーツに合わせると隙の無いエレガントなコーディネートが完成します。一方で弊店のチェスターは軽快でソフトな仕立てとなっておりますので、スーツに合わせるのはもちろん、お休みやカジュアルなシーンでニットの上からジャケット代わりにさらっと羽織って頂いたりと、1着あると大変着回しの効くお役立ちアイテムです。生地もネイビーやグレーでかっちりと仕立てるも良し、キャメルやブラウンでスポーティーにするも良し、無地に限らずチェック柄なども素敵です。ご希望の着用シーンに合わせて生地やフィッティングをご提案しますので、ぜひご希望をぶつけて頂いて、欠かせないワードローブたりうる理想のオーバーコートをご一緒にお作りできれば幸いです。

Staincollar Coat(ステンカラーコート)

Staincollar Coat(ステンカラーコート)
ステンカラーコートをご紹介します。チェスターコートと比べるとすっきりとしたデザインで、気負い無く着られるオーバーコートです。フロントのボタンが一番上まで留められます。

ステンカラーコート フロント
ステンカラーコートにはフロントの部分が打ち抜きと言ってボタンが見えるタイプと、比翼仕立てと言ってボタンが隠れるタイプの2型があります。どちらかと言いますと打ち抜きの方が軽快な印象で、比翼にするとクラシックな印象になりますが、この辺りはお好みでお選び頂いて宜しいかと思います。

オーバーコート ステンカラー
オーバーコートとしては最も一般的なデザインのステンカラー。シンプルでさりげ無く羽織れる、でも上質なオーバーコートをお求めの方にドレッシングラボ のステンカラーコートをぜひお勧めしたいです。ネイビーやグレー無地のウールやカシミヤをお選び頂ければフォーマルな印象になりますし、ツィードや柄物などカジュアルな素材とも相性が良いです。また、コットン素材でスプリングコートを仕立てるにもうってつけです。

Raglan Coat(ラグランコート)

Raglan Coat(ラグランコート)
ラグランコートをご紹介します。特徴は弊店のチェスターやステンカラーの様なセットインスリーブと異なる袖の付け方。首元から脇の下に向かって縫い付けられた袖をラグランスリーブ(ラグラン袖)と言います。当然パッドなどが入らず、柔らかく丸みを帯びたショルダーラインになります。袖口にはタブが付きます。

ラグランコート シルエット
シルエットは弊店のコートの中で最もゆったりとボリュームを持たせています。美しいAラインで、長めの丈も手伝ってドレープが豊かなシルエットです。お好みですが、バックベルトで腰を絞ると、尚このドレープが活きて参ります。

シングルラグラン
ダブルラグラン
デザインはシングルとダブルがあります。ダブルラグランはトレンチコートの様な雰囲気があります。大きめの上襟が、美しく立つ様に設計されています。



仕立て方には2種類あります。全面裏地を付ける総裏のスタンダードな仕立てと、大見返しと言って裏地を極力省いた仕立てがあります。滑りや防寒性を重視なら総裏、軽快さ重視なら大見返しが良いでしょう。特にコットンやナイロンでレインコートを仕立てるなら、大見返しはイチオシです。


フィッティングについて。チェスターコートの様にぴったりと着て体のラインを美しく見せるフィッティングとは正反対のフィッティングで、こちらに関してはドレープ感や柔らかさ軽さを楽しんで頂ける様、ゆったり目で丈も膝下くらいが気分です。まるでバスローブの様にラフにバサッと羽織って頂ければ幸いです。ベルトでキュッと腰を絞るも良し、前を開けてベルトはポケットに突っ込んで、裾を風になびかせるも良し。


素材も選択肢が広いです。しっかりとしたコート生地で仕立てるのはもちろんの事、スーツやジャケット用のフランネル素材で仕立てても柔らかい雰囲気が強調されて素敵です。また、スプリングコートもしくはレインコートとして、コットンギャバジンやワックスドコットン、さらにはナイロンで仕立てるのも大いにありです。堅苦しく無い雰囲気ですので、着こなし次第でビジネスから普段使いまでOKです。着方、使える生地、着用シーンと、何でもありなオーバーコート、それが弊店のラグランスリーブコートです。

Pea Coat(Pコート)

Pea Coat(Pコート)
Pコートをご紹介します。軍服の無骨なイメージやカジュアルなイメージの強いPコートを、ザ・ドレッシング・ラボらしいエレガントな雰囲気に仕上げています。


Pコートらしい広めの襟と、ジャケットより少し長めのショート丈、6つボタンのダブルブレステッドが特徴です。肩はジャケット代わりにも着られる様セットインスリーブで、パッドなどが入らないナチュラルなショルダーラインです。腰ポケットはあえてフレームドパッチポケットとなっています。


着こなしのカジュアル化、軽快化が進む昨今、こちらのPコートは強い味方となってくれるでしょう。カジュアルでありながら上質感がありちゃんと見えますし、ジャケットだと寒いけれどコートを着るのは面倒と言う時に、ジャケット代わりにニットの上からさっと着て出かけられます。お車を運転される方には、着たまま運転できるショート丈というのも嬉しいポイントでしょう。もちろんジャケットの上から羽織る事もできます。取り回しの良いショートコートで上質感があり体に合うものをお求めの方は、ぜひ弊店のPコートをお試し下さいませ。

Overcoat
Photo Gallery