Sports Line "Jacket"

スポーツラインの「ジャケット」についてご説明いたします。まずはスポーツラインについてですが、かしこまった雰囲気のドレスラインに対して、スポーツラインは仕立ても雰囲気も軽快でカジュアルな雰囲気のアイテム群となっています。

その中でもトップバッターの「ジャケット」。スポーツラインのジャケットの最大の特徴は、アンコンストラクテッド仕立てである事。「アンコンストラクテッド」は「アンコン」とも略されますが、非構築的である事。弊店のドレスラインは総毛芯仕立てが売りですが、スポーツラインのジャケットは芯や裏地を極力省いて、見た目も着心地もさらなる軽快さを目指しています。

アンコンストラクテッド
しかし一般的なアンコンジャケットの常識に当てはまらないのが、弊店のジャケット。アンコン仕立てでありながら、とても立体的で上質感があります。これは基本設計の恩恵もありますが、何より時間をかけた丹念なアイロンワークの賜物です。生地の柔らかさを活かしたソフトで軽い着心地の良さを味わうと、他のジャケットが着られなくなります。

スポーツジャケット
スポーツジャケットは仕立ての特徴がそのまま見た目の特徴ともなっています。パッドはもちろん毛芯も省いたナチュラルな肩と胸、芯を省いて少しギャザーを寄せながら縫い込まれたシャツ袖は、見た目にも着心地としてもコンフォート感があります。

スポーツジャケット
一方でアンコン仕立てのジャケットはともすると、総毛芯仕立てのジャケットと比べ立体感に欠けてチープな印象になりがちです。それは芯が入らない構造的な部分、そして総毛芯仕立てと比べて簡略化された仕立てにされてしまう事が要因にあると思います。しかしザ・ドレッシング・ラボのスポーツジャケットに関しては、そのご心配はありません。毛芯を使わないからこそ、細心の注意を払ったアイロンワークで立体感を出しています。袖を通すと、着心地の軽さ柔らかさと共に、アンコンとは思えない立体感や上質感に驚かれる事でしょう。カジュアルさコンフォートさと、上質感きちんと感を両立させたジャケット、それが弊店の「スポーツジャケット」です。

ここでスポーツジャケットの意外とも言える特徴を2点。
1点目は、「スポーツジャケットは実は秋冬物にもおすすめ」と言う事です。アンコンで裏地も省いているので、軽さ涼しさが求められる春夏のジャケットに最適なのは言うまでもありませんが、実は秋冬のジャケットにもおすすめです。柔らかいカシミヤ素材などで仕立てると、エアリーでカーディガンの様な着心地が楽しめます。また、上質感がありながらカジュアルに着られるジャケットに仕上げたい場合、季節を問わず堅苦しく無い雰囲気のスポーツジャケットが合うでしょう。

スポーツジャケット
2点目は、「スーツの上着にもOK」と言う事。散々カジュアルだ軽快だと申し上げたところ恐縮ですが、とは言えちゃんと見えるので、フォーマルなダークスーツとしての使用を除けばスーツの上着としても全く問題ありません。例えば少し素材感のある紺無地の上下(上着はもちろんスポーツジャケット)で仕立てて、普段はジャケット単品パンツ単品で着回しつつ、いざという時にはスーツとして着る、と言う様な使い方にもスポーツジャケットの仕立ては最適です。謂わゆるセットアップとしての着方ですね。また昨今はスーツ生地でもウールシルクリネンやウールコットンなど、カジュアルな印象の生地が増えてきています。そういったカジュアルな雰囲気の生地でスーツを仕立てる場合に、上着をアンコンのスポーツジャケット仕様にすると、生地の雰囲気が活きるでしょう。そんな訳で、スポーツジャケットはスーツの上着としてもおすすめです。

弊店のスポーツジャケットは、ザ・ドレッシング・ラボのご提案するスタイルをベースに、お客様お一人お一人のお体とお好みに合わせて、細かい補正を施しながらお仕立てする、パーソナルオーダーのアンコンジャケットです。ドレッシーなジャケットから普段着として気軽に羽織れるカジュアルなジャケットまで、仕立て方とディテール、そして生地の選択を組み合わせる事で、いかようにもお仕立て致します。

Jacket
Photo Gallery