DRAPERS
(ドラッパーズ)

イタリア北部、私も大好きなボロニェーゼで有名なボローニャにて1956年創業。2代で名門マーチャントの確固たる地位を築きました。DRAPERSとは英語の「DRAPER=服地商」とイタリア語の「DRAPPERIE PER SARTI=仕立て屋のための服地商」を掛け合わせたものです。顧客である仕立て屋に寄り添う企業姿勢が、ブランド名にしっかりと表現されています。ドラッパーズは限られたオーダースーツ店向けにスーツ生地、ジャケット生地、コート生地を提供しています。また一部の高級既製服にも使用されています。

DRAPERSはミル(生地メーカー)では無くマーチャント(生地商社)で、毎シーズンオリジナルの生地を企画し、その生地をイタリアをはじめヨーロッパ各国のミルに織らせています。マーチャントの存在意義とは何でしょう。ミルは自社の織物工場で得意とする生地を織ります。大規模なミルを例外として一つのミルが織る事ができる生地のバリエーションには限りがあり、それぞれのミルによって得意不得意があります。そこでマーチャントの出番です。マーチャントは初めに顧客であるテーラーやオーダースーツ店から要望を吸い上げた上で生地を企画します。それを適材適所、得意とするミルをセレクトして発注するのです。ミルの良い所取り、当然コレクションはベストに近いものとなります。そしてマーチャントならではのバリエーション。ミルの定番色に加え、そのマーチャントならではの別注色が加わります。中には一種類のジャケット生地でカラーバリエーションが数十種類なんてものもあります。圧倒的なカラーバリエーションとオンからオフまでカバーするコレクションの懐の深さはマーチャントだからこそ実現できる強みなのです。

圧倒的なカラーバリエーションとオンからオフまでカバーするコレクション

DRAPERSの最大の魅力、それは2代目のDomenico Lolli ドメニコ・ローリー氏の人柄に依る所が大きいと思います。それは「エレガントにしてチャーミング」。あまり生地に対して使う表現ではないかも知れませんが、DRAPERSに限ってはこの形容の仕方がしっくりと来ます。DRAPERSは値段の面で見ても間違い無く高級服地です。当然その値段に見合ったクオリティの高さと高級感があり、上品さが溢れています。しかし威圧的では無く、控え目な程よい主張でとても人当たりが良く可愛さがあるのです。これはLolliさんのキャラそのものかも知れないと私は思います。そう、DRAPERSの生地は高級服地ならではのエレガントさがありながら、優しく着る人に寄り添ってくれるのです。その点は同じイタリアのマーチャントでありつつも、どちらかというとビビッドな差し色や鮮やかな色柄使いで主張の強いCaccioppoli(カチョッポリ)とはっきりとキャラクターの棲み分けがなされています。

ぜひお伝えしたい魅力は、ブリティッシュテイストのアレンジセンスが最高という点です。現在クラシックと言われる生地の色柄の源流はイギリスにあると言えます。私はクラシックテイストが大好きですし着こなしの上で欠かせないものですが、直球のクラシックは時に退屈だったり、重く感じたり。DRAPERSはその英国を源流とするクラシックを良く理解し消化した上で、色や柄の微妙なアレンジで驚く様なDRAPERS味に仕上げます。奇抜過ぎず、保守的過ぎず、ドラッパーズらしく。定番のアレンジはドラッパーズの真骨頂です。

DRAPERSが提案する生地に対する絶大な信頼感。これもオーダースーツ店がドラッパーズを重用するポイントでしょう。スーツやジャケット、コートなどオーダーをご要望のお客様への生地のご提案は、とても責任重大です。例え採寸と仕立てが完璧だったとしても、ご満足頂けない生地で仕立ててしまってはその魅力は損なわれます。DRAPERSはLolliさんのフィルターを通してオーダースーツ店とその先にいらっしゃるお客様に寄り添うべく用意されています。その信頼感や安心感は数ある生地ブランドの中でもトップクラスです。お客様に少しでも満足度の高い生地をお勧めしたい、そう考えた時に気がつくとDRAPERSのバンチブックに手が伸びています。

ラグジュアリー感がありながらリアルクロージングに即しているという事も魅力でしょう。ドラッパーズのコレクションを見ていると、まるでウェルドレッサーのクローゼットを覗いているかの様な錯覚を覚えます。ビジネスシーンからカジュアル、リゾート、そしてフォーマルと、その生地で仕立てた服と着用シーンが目に浮かぶ様なコレクションとなっています。これはお客様にはもちろん、お客様からのリクエストに対してご提案に頭を悩ます私の様なオーダースーツ店側にとっても大変嬉しい事です。仕上がりを正確にイメージして、迷わず的確なご提案をお客様に差し上げる事ができるからです。

ラグジュアリーでありながら日常使いを見据えた地に足の着いたクオリティで、一生お客様に寄り添ってくれる生地ブランド、それがドラッパーズです。オーダースーツやジャケットにさりげない高級感と個性をお求めの方、質の高いものを長く愛用されたい方にぜひお勧めしたいブランドです。

DRAPERS
Photo Gallery