Dress Line "Jacket"

ザ・ドレッシング・ラボのご提案するスタイルをベースに、お客様お一人お一人のお体とお好みに合わせて、細かい補正を施しながらお仕立てする、パーソナルオーダーのジャケットです。ドレッシーなジャケットから普段着として気軽に羽織れるカジュアルなジャケットまで、仕立て方とディテール、そして生地の選択を組み合わせる事で、いかようにもお仕立て致します。

弊店のハウススタイルはイタリアンテイストで、構築的でありながら、柔らかく軽い着心地を目指しています。それによって、お召しになる方は上質感や折り目正しい雰囲気を持ちながら、ソフトで近寄りやすい印象を纏う事になります。またいくら格好良くても、着心地の悪いジャケットはストレスです。弊店のジャケットは物理的な軽さと共に、「軽く感じる」仕立て方となっています。それにより、一日着ていても疲れません。むしろ着ている事を忘れる位です。

弊店ドレスラインのオーダージャケットは、スーツの上着と同じく日本最高峰の仕立て工場にて、「総毛芯(フル毛芯)仕様」(肩から裾まで、バス芯と言われる馬の尻尾の毛をベースにした芯を用いた伝統的かつ最高級の仕様)にて仕立てられています。じっくりと時間をかけて、アイロンをかけて縫っては休ませる工程を繰り返す為、仕立て上がりまで少々時間がかかりますが、その分立体的で丸みを帯びた仕上がりは格別です。仕立てに必要な時間をかけた分、アイロンワークで形作ったフォルムが定着し、形崩れし難いのが弊店のスーツの特徴です。

総毛芯仕立てのメリットは、仕上がりが構築的で、かつ半永久的にそのフォルムが維持される事です。その一方で選択する毛芯次第では、接着芯や半毛芯と比べて固さや重さなどのデメリットを挙げられる事もある総毛芯ですが、弊店は毛芯の中でも復原力に優れつつ、極力軽く柔らかい芯をセレクトしています。それにより総毛芯仕立てならではの立体感と、毛芯の存在を感じさせない柔らかさ・軽さを両立させています。

弊店スポーツラインの「ジャケット」との違いは仕立て方にあります。毛芯や裏地を極力省いたアンコンストラクテッド仕立ての弊社スポーツラインのジャケットに対して、総毛芯仕立てのドレスラインはより構築的で端正な顔付きである事が特徴です。ビジネスシーンでの着用が中心の方など、かっちりとした印象でジャケットをお召しになりたい方には、ドレスラインのジャケットがおすすめです。

「ナチュラルショルダー」と「殺し襟」

「ナチュラルショルダー」と「殺し襟」

肩パッドを入れずに、毛芯のみでナチュラルに柔らかく仕上げたショルダーライン。極端に撫で肩過ぎず、軽快さと折り目正しさがバランス良く共存しています。また肩パッドは特に気温の高い時期には案外暑く感じるもの。毛芯のみの仕立ては着心地が軽いだけで無く、通気性にも優れ、涼しいです。また、特にジャケットはクルーネックのカットソーなどカジュアルなインナーとも合わせる事が多いもの。肩パッドの入らない柔らかいショルダーラインにする事で、カジュアルなインナーとも合わせやすいです。

上襟の見事な「のぼり」にも注目下さい。ナチュラルなショルダーラインから上襟が力強く立ち上がり、首にフィットする「のぼり」。見た目の美しさに加えて、首から肩にかけて心地良く吸い付くフィット感は抜群です。これは「殺し襟」という仕立て技法によるものです。物騒な表現に聞こえますが、テーラー用語で、アイロンにより生地を変形させる事を「殺す」と表現します。殺し襟とは、最初から上衿の形に曲線に裁断した生地を使うのでは無く、元々は真っ直ぐな一枚の生地を、湾曲した上襟の形にアイロンで成型し仕立てた襟の事を指します。それにより立体的で復原力のある上襟となり、フィット感がとても高くなるのです。

弊店の上襟の構造は、「襟が抜けてしまう」とお悩みの方の助けとなるでしょう。ジャケットの上襟が首から離れてしまう、「襟が抜けてしまう」現象は、仕立ての良し悪しだけで無く、胸のボリュームのある方(鳩胸の方)や背中の丸みの強い方(猫背の方)などお召しになる方の体型が大きく関わってくる部分でもありますが、この「殺し襟」と「体型補正」が組み合わさる事で、「襟抜け」の心配は解消致します。また肩と首にジャケットがちゃんと乗って重量が分散される事で、実際の軽さ以上に着心地が軽く感じられます。この軽い体感重量と動きやすさとの相乗効果で、一日着ていても疲れません。「肩が凝るからジャケットはすぐ脱ぎたくなるんだよね」「高いジャケットを着てもフィットしなくて、着るのをやめちゃった」、こういう方はぜひドレッシングラボのオーダージャケットを一度お試し下さい。今までのネガティブイメージを覆すジャケットが仕上がる事をお約束します。

袖付けとアームホール

袖付けとアームホール

袖付けについて。袖山(袖の付け根の一番高い部分)も極力柔らかく薄い芯をセレクトする事で、ナチュラルなショルダーラインからの繋がりを良くして、素直に袖が落ちる様にしています。少しでも着心地と見た目が軽快になる様にという工夫です。

すっきりと見えますが、実は肩と袖にはしっかりと「いせ込み」(体の動きに追従する為に、主にジャケットの肩周りにアイロンで殺して隠されたゆとり分量)が入っており、縫製の最初から最後まで徹底的に意識され成型された前肩の加工(肩の一番前に突き出している部分が収まる様にジャケットに設けられたスペース)と相まって、フィットしながらも窮屈なストレスが無い、理想的な着心地を実現しています。また、アームホールは空豆型で、必要最低限な大きさとなっており、それにより運動量を確保しながら最適なフィット感を実現しています。「ジャケットを着たままパソコンに向かうと、何だか襟が浮いてくる」「吊革とか上に手を伸ばすと、一緒にジャケットも持ち上がって格好悪い」、こういう方はアームホールがフィットしていない事が一因として考えられます。大は小を兼ねるの考えから、世の中には大きなアームホールのジャケットが沢山流通しています。これは袖が通し易く、ぱっと見は着心地良く感じるのですが、実は動きやすさを犠牲にしています。小さすぎるアームホールは脇の下にストレスを感じてNGですが、適度にフィットしたアームホールは動きやすいジャケットの重要ポイントで、ここ(専門的には「鎌深(かまぶか)」と言います。)が調整できるのはハイレベルのオーダーメイドならではのメリットです。何としてもアームホール(鎌深)がフィットしたジャケットをお召しになって下さい。着心地の良さ、動きやすさに驚かれると思います。

パッチポケット

パッチポケット

ジャケットの腰ポケットを代表するのは「パッチポケット」Patch Poketsですね。アウトポケットとも呼びますが、世界的にはパッチポケットが一般的です。Patchという通り、ジャケットの外側にポケットを貼り付けてあるのが特徴です。ジャケットでもスーツの上着と同じく両玉縁ポケットを採用しますし、スーツの上着でもパッチポケットを採用する事はありますが、ジャケットはカジュアルさやスポーティーさが求められるので、圧倒的にパッチポケットでお仕立てする事が多いです。

パッチポケットは皆さん見慣れていらっしゃると思いますが、ザ・ドレッシング・ラボのパッチポケットは一味も二味も違います。まずは腰のカーブにポケットが完璧にフィットする事。当たり前ですが、ポケットはジャケットよりも外側にきます。その為にポケット口には余らないぴったりな分量の外回りのゆとりがついています。ジャケットを平面に置いてみると、真っ直ぐになったポケットの生地が余る事から、それは分かります。ポケットの口のラインにも工夫があります。画像では真っ直ぐに見えますが、実はポケット口は絶妙にカーブしています。曲線の強い腰にポケットがついた時にポケットが真っ直ぐに見える様、実はカーブした形状となっているのです。そしてポケットの一番広い部分と比べてポケット口は1.5cm程狭くなっています。円錐をイメージして頂ければ良いでしょうか。これもジャケット全体として見た時に、バランスよくポケットが収まる工夫です。

私はパッチポケットが大好きです。ソフトで飾らない雰囲気を出すのに、パッチポケットはうってつけです。ジャケットの腰ポケットは使わないのがルールですが、パッチポケットに関してはあえて手を突っ込んだりして、ラフに着るのが楽しいです。そういう崩した着方も含めて、懐の深いパッチポケットです。

バルカポケット

バルカポケット

胸ポケットについて。弊店のオーダージャケットの胸ポケットの基本は、オーダースーツと同じく「バルカポケット」です。「バルカ」barcaとはイタリア語で「小さな舟」の事。まっすぐな作りの胸ポケット「箱ポケット」と異なり、ポケットがカーブを描き、向かって右上の角が船の舳先の様に尖った胸ポケットを「バルカポケット」と呼びます。職人の手仕事により、まるで船底の様に下辺が美しいカーブを描きます。立体的な胸のボリュームに胸ポケットが美しく沿う様にと考案された仕様で、良い仕立ての証であると共に、右肩上がりのフォルムが力強く、美しいです。オーダージャケットに関しては(一部オーダースーツの上着についても)、胸ポケットも前述したアウトポケットにすると、さらにスポーティーになります。この腰ポケットに加えて胸ポケットもパッチポケットにしたジャケットを、3パッチ(スリーパッチ)と呼びます。

前振り&テーパード袖

前振り&テーパード

袖について。特に男性の腕は、力を抜いて下ろすと筋肉の影響で体の真横では無く手の平が太腿の前に来る程、前に湾曲しています。その腕にフィットする様、ジャケットの袖も当然「前振り」に仕立てています。それにより前への可動域が広がり動きやすいのはもちろんの事、腕を下ろした際にきれいに袖が腕に沿って落ち、とても美しいのです。もちろんお客様それぞれで腕や筋肉の付き方は異なりますので、お客様の腕の向きと太さをフィッティングにて確認し、それに合わせてスーツの袖を調整します。

また弊店のジャケットの袖は、肘から袖口に向かって徐々に絞って細くなっています。それにより、パンツのテーパードライン(先細りのシルエット)と同じ様に、袖の付け根から肘、袖口に向かってテーパードラインが生まれ、シルエットの美しさと共に、動いても袖口が一定の位置にあり乱れないというメリットがあります。

八刺しとフラワーループ

八刺しとフラワーループ

本格的な仕立てのジャケットですとお約束とも言えるディテールですが、弊店ジャケットのラペル(下衿)も八刺し(はざし)が施されています。「八刺し」とは縫い方の名称で、八の字の様に縫う事から付けられました。芯を生地に貼り付けるのでは無く、芯と生地を糸で細かく縫い止める事で、柔らかく自然な襟のロールを生む手法です。またフラワーホールに花を挿した際に茎を通せる様、フラワーループを付ける一手間も忘れません。

ラペルの幅とロール

ラペルの幅とロール

ラペル(下襟)について。弊店オーダージャケットのラペルの幅はお好みとお客様のご体型により調整が可能ですが、私はやや広めの「ワイドラペル」をお勧めしています。ご注文のサイズにもよりますが、9cm前後が基本となっております。クラシカルで堂々とした印象を与えますし、広いラペルから深いフロントカットへと続くX字のラインは普遍的な格好良さがあります。カジュアルなジャケットにも広いラペルはとても良く合いますので、ぜひ弊店のワイドラペルをお試し下さい。緩くアウトカーブを描きながらロールへと続く弊店のラペルは、本当に格好良いです。

ラペルのロールについて。ロールという表現の通り、ラペルとは本来折り曲げるのでは無く、自然にふんわりと丸く返るのが理想的ですが、ザ・ドレッシング・ラボのジャケットは「ラペルのロール」と辞書で引いたら出てきてもおかしくない理想的な形状です。このラペルだけでも、弊店のジャケットをオーダー頂く甲斐があると思います。

ベント

ベント

ベントについて。ベントとはジャケットの裾に入ったスリットの事です。画像のベントが左右に入ったサイドベンツ、それ以外に中心に1本だけベントが入ったセンターベント、そしてベントが無いノーベンツがお選び頂けます。ジャケットにはどのベントが正解なのか。結論から申し上げますとどのベントデザインでも間違いは無いのですが、弊店では特別な事情が無ければ、サイドベンツをお勧めしています。サイドベンツこそカジュアルさと折り目正しさのバランスが良く、余程フォーマルなシーンを除けばどの様なTPOでも問題無いですし、スポーティーな中にもエレガンスを感じるからです。ノーベントのミニマルな雰囲気も好きですが、サイドベンツの優雅な動きは素敵です。サイドベンツが基本のご提案ですが、ネイビーブレザーなどトラッドな雰囲気に仕立てる場合、あえて狙ってのセンターベントも格好良いです。

ベントと体型補正についてもお話しましょう。サイドベンツにせよセンターベントにせよ、お尻がしっかりとされている方ややや体が反り気味の方(反身の方)に多いお悩みが、「ジャケットのベントが開いてしまう」という問題。でもザ・ドレッシング・ラボのオーダージャケットでそのお悩みは解消します。弊店のベントは簡単に開かない様重なりを深くしている事に加えて、ベントの重なり角度を工夫する事で開きにくくしています。さらにお客様の体型に応じてジャケットのヒップを広げる、お体の向きに合わせてジャケットが正しい位置に乗る様ジャケットの型紙を調整する等、縫製の工夫&体型補正によりベントの開き問題を解決します。

ドレスライン「ジャケット」

最後にジャケットのサイズ感につきまして。よくスーツとジャケットをご一緒にご注文頂く際「スーツの上着とジャケットはサイズ感を変えますか?」というご質問を頂きます。弊店では(もちろんお客様のお好みやジャケットの用途によりますが)変えるご提案をさせて頂く事がほとんどです。具体的には着丈を変える事が多いです。スーツ(特にダークスーツ)の上着は上下でお召しになった際ドレッシーな印象になる様、お尻がしっかりと隠れる丈を基準にご提案致します。対してジャケットはスラックスを合わす事もあればコットンパンツや細身のジーンズ等、ドレッシーなパンツからカジュアルなパンツまで幅広く合わせる可能性があります。その際ジャケットの丈がスーツの上着の丈ほど長いとドレッシーになり過ぎて、カジュアルなパンツに対してアンバランスな印象となります。その為、ジャケットのエレガントさを失わない範囲で、スーツの上着丈を基準とするなら1cm〜1.5cm程短くさせて頂く事が多いです。これもお客様がお求めのジャケットの用途やお客様のご体型・キャラクターに合わせて最適なご提案をさせて頂きます。もちろんサイズ感以外にも、ラペル・ダブルブレステッドかシングルブレステッド・ベント・ポケット・ステッチの入れ方etc.お客様だけのジャケットをご相談しながら一緒に作り上げて参ります。ぜひ、ザ・ドレッシング・ラボのドレスライン「ジャケット」をお試し下さいませ。

Jacket
Photo Gallery