News

2020 / 03 / 10  21:00

「リフォーム・メンテナンス」のすすめ

「リフォーム・メンテナンス」のすすめ

今日は春雨にしては雨脚が強かった様な。

時節柄、外出しにくいのは残念ですが、

春の着こなしが楽しい時期になりましたね。

 

そんな季節の変わり目のよくある話ですが、 

衣替えをして久々に袖を通したら、

少しタイトだったり、逆に緩かったり、

気に入っていたはずなのに、

シルエットが何だかしっくり来なかったり。

こんなご経験はないでしょうか。

 

体型は少しずつ変わりますし、

トレンド、そして着る方の

その時の気分によっても

着たい服は変化していきます。

どんなにジャストサイズのお気に入りであっても、

長い目で見ると合わない所が出てきて当然です。

 

そんな時、思い切って買い替えたり、

我慢してお召しになるのも手ですが、

ここは一つ「直して着る」

というのはいかがでしょうか。

 

ドレッシングラボでは、弊店で

お求め頂いたかどうかに関わらず、

どんなお洋服のお修理も

喜んで承っております。

 

弊店の主業はオーダーメイドのお洋服を

お仕立てする事ですが、それ以前に

 「服を良い状態で永くご愛用頂ける様

お手伝いをさせて頂く。

それにより服の価値を支えると共に、

資源の無駄やゴミを減らす」という

お店を始めるにあたって決めた理念があります。

 

リフォーム・メンテナンスを積極的に承る事は、

まさに上記の理念に適うもの。

 

そしてサイズ・シルエットを調整する

リフォームはフィッティングが伴うので、

オーダーメイドのフィッターからすると

当然の得意分野。

 

既に出来上がっているお召し物を調整する

という点では構造上の制約がありますが、

基本的にオーダーメイドと変わらない

観点でフィッティングをさせて頂きますので、

仕上がりのご満足度は高いと思います。

 AD3D9557-6E0D-43BF-B8AD-7A9A55DCCE8E_1_201_a.jpeg

続いてはメンテナンス修理について。

 

ご愛用されていると全体的には大丈夫なのに

特定の部分が傷んでくると思います。

そんな時はメンテナンス修理のタイミング。

良くご依頼頂く所ですとパンツの脇ポケット口や

股の部分の摩耗修理。

 

パンツのポケット口は手を出し入れしたり、

腕時計が接触する事によっても摩耗しますが、

摩耗部分を縫い込む事でとても綺麗に直せます。

 

内股の擦れて薄くなった部分は、

裏からテープを貼って補強してあげたり、

さらにミシンで縫ってあげる事で延命ができます。

 

「長年愛用された風合い」と

「傷んでみすぼらしい風合い」は

紙一重な所はありますが、

わずかなお修理代をかけて

1箇所か2箇所さえ直せば

まだまだお召し頂けるのであれば

メンテナンスの価値はあると思います。

 

特にスーツやシャツなどのテーラードアイテムは

直して大切に着るという伝統と美学があります。

もしご愛用のワードローブが直せばまだ着られるか

それとももう寿命か判断に迷われた場合は、

お気軽にご相談下さいませ。

客観的にジャッジさせて頂きます。

 

肝心なお修理のお代金については、

オーダーメイドという主業がある分

一般的なお修理屋さんと比べても

かなり優しい設定にさせて頂いておりますので、

安心してご利用頂ければと思います。

 

お修理を迷うポイントの一つが

「お修理代がこの位までだったら

直すんだけど、それ以上だったら

直すのを止めておこうかな」

というところ。

そこでお見積もりの出番です。

まずはお見積もりだけ取らせて頂いて、

進行するかどうか後からお決め頂くという事も

喜んで承っております。

  

オーダーメイドも全力投球ですが、

リフォーム・メンテナンスも本気で

承っておりますので、ぜひご利用下さい。

お洋服を永く大切にお召し頂く

お手伝いをさせて頂けたら本望です。

 

ご依頼やご相談の際はお気軽にお電話または

メールにてお問い合わせ下さい。

ボタン付け一つから喜んで。

どうぞ宜しくお願い致します。

---------------------------------

The Dressing Lab. "Reform & Maintenance"

承りアイテム:スーツ、ジャケット、ベスト、パンツ、シャツ

納期:1週間〜2週間

※お見積もり・仮縫いも可能です。