2022SSリコメンドファブリックvol.3「セットアップにお勧めのジャージー・ストレッチ生地」

hayashi
店主
林 倫広

春夏のセットアップオーダーにお勧めの、ジャージー生地やストレッチ生地をご紹介しています。今シーズンは定番の無地に加えて、魅力的な柄物が揃いました。ぜひご覧下さいませ!

 ドレッシングラボではクラシックな仕立てのスーツやジャケットを取り扱う一方で、紳士服のオーダーサロンでは取り扱いの少ない、スポーティーなアイテムも得意としています。クラシックな「Dress Line ドレスライン」「Bespoke Line ビスポークライン」と差別化して、「Sports Line スポーツライン」というレーベルで展開しています。

 そのスポーツラインの中でも大変好評を頂いているのが「イージーセットアップ」です。セットアップスーツとも言われますが、通常のスーツと比べて芯地裏地を省いた軽快な仕立てで、ニットやTシャツ(カットソー)、スニーカーなどカジュアルなアクセサリーを合わせやすいこと、ジャケット単品やパンツ単品でも気軽に着まわせること等が特徴です。

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_02.jpg セットアップは既製品でも沢山ありますが、弊店の「イージーセットアップ」は一味違います。まずはオーダーメイドということで、テーラードのスーツと同じく細かくお体やお好みに合わせてサイズやシルエットの調整をさせて頂きます。カジュアルなアイテムは、軽快に見せる着丈やスニーカーに合わせるパンツ丈など、「丈感」が重要。オーダーメイドですと、その辺りのアジャストはお手の物です。
 またオーダーサロンならではの生地のラインナップで、お好みの色柄をお選び頂けることに加えて、上質で長くお召し頂くことを考えたセットアップ用の生地をご用意しております。
 さらにスーツと同じ仕立て工場による本格的な縫製で、カジュアルでありながら上質感とテーラードの仕立ての雰囲気が味わえるのが特徴です。

 今回はそんなお勧めのイージーセットアップをお仕立てするのにうってつけの、この春夏のリコメンドファブリックを柄ごとにご紹介して参ります。

千鳥格子(ハウンドトゥース)

弊店でもリクエストの多い千鳥格子。千鳥格子はチェック柄の一種です。日本語だと千鳥という小鳥が集まって飛んでいる様子に見えることから、「千鳥格子」または単に「千鳥」と呼ばれます。英語だと猟犬の牙に見立てて「ハウンド(猟犬)・トゥース(牙)」と呼ばれます。
 ジャージー素材は当初は無地が中心でしたが、セットアップやジャケット向けに、最近では素敵な柄物が入手できる様になりました。お勧めの千鳥格子をご紹介します。

Dondi(ドンディ)
コットン・シルクジャージー

 イタリアはドンディ社の上質なジャージー素材です。正直なところ、セットアップのオーダーを始めるまでは扱ったことの無かったファブリックメーカーですが、今やジャージー素材では外せないメーカーの一つです。高級なジャージーメーカーとして1970年に北イタリアにて設立され、現在はエルメネジルド・ゼニア社の傘下で、ハイクオリティのジャージーを供給し続けています。

 こちらのジャージーはコットン64%、シルク36%。ここまでシルクを沢山使用したジャージー生地は希少です。シルク混ならではのしっとりとした手触り、うっすらと光沢があって発色が良く、どこからどう見ても上質感あふれるジャージーです。ドレッシング・ラボではイージースポーツジャケットのオーダーで一番人気の素材です。カラーはブラウン×ホワイト、ブラック×ホワイト、ブルー×ネイビーの3色です。

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_13.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_10.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_11.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_12.jpeg

DONDI(ドンディ)
コットンジャージー

 細かい千鳥格子。こちらはコットン100%のジャージーです。グリーン、ブラウン、ネイビーの3色。柄が細かいので、無地感覚で着て頂けます。上質なコットンジャージーは柔らかい質感で、裏地無しでTシャツの上からカーディガン感覚で着て頂いたら気持ちよさそうです。

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_14.jpeg

Vitale Barberis Canonico(ヴィターレ・バルべリス・カノニコ)
ウール・シルク・リネンジャージー

 お馴染みカノニコからも、毎年魅力的なジャージー生地が発表されています。こちらは春夏のジャケット素材の黄金の組み合わせであるウール・シルク・リネンの3者混をジャージー生地にしている、オリジナリティあふれる生地。カラーはブラウン、グリーン、ブルーの3色。中間色のトーンが柔らかい印象で、とても上品なジャージーです。グレーのパンツや、ドレスチノを合わせて、ビジネスカジュアルにも重宝するジャケットが仕上がります。

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_17.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_18.jpeg

シアサッカー Seersucker

 シアサッカーとは18世紀頃よりインドで織られた柔らかい亜麻の素材が発祥ですが、やがてコットンが主流となりました。シアサッカーというネーミングはペルシャ語のseer(シア=牛乳)とsucker(サッカー=砂糖)、つまりミルク&シュガーが由来だそうです。生地には時に食べ物やワインに例えられることがありますが、シアサッカーもその一つですね。余談ですが、ドラッパーズ社のツィードジャケット生地「SALT&PEPPER ソルト&ペッパー」を思い出しました。日本では「しじら織」と呼ばれます。
 経糸の張力を部分的に変えることで、織りあがった時に独特の凹凸感と縦の織り感が生まれます。生地の表面が立体的になることで設置面積が減って肌に張り付かず、体と生地の間に空気が入ることで暑い季節にも快適に過ごせるのが特徴です。
 また、もともと凹凸のある表情なのでシワにならず、アイロン要らずなのも嬉しいポイントです。コットン100%が中心でしたが、昨今ではコットンストレッチやウールなど、様々なシアサッカーが登場して人気を博しています。

SUBALPINO(スバルピーノ)
コットン・ポリウレタン・ナイロンストレッチ・シアサッカー

 スバルピーノ社はイタリアはビエラのコットン専業メーカーです。春夏にお馴染みのシアサッカーをさらに軽快でコンフォータブルなストレッチに仕上げています。色柄もワイドピッチのストライプに、グレンチェックと、今の気分の柄をリリースしていて素晴らしいです!

ボールド・ストライプ

 3色展開。上下のセットアップでお召し頂くのはハードルが高いですが、シアサッカー・ジャケットとして単品で着て頂くにはとてもお勧めです。シアサッカーのカジュアル感からTシャツやデニムなどともコーディネートし易いので、ストライプ・ジャケットの入門にいかがでしょうか。

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_26.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_24.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_25.jpeg

ワイドピッチ・ストライプ

 ストライプのピッチが広くて、バンチブックサイズだとかろうじて2本だけ白いストライプが確認出来るほど。でもこれまた色使いが絶妙です。グレー、ネイビー、カーキの3色。これはセットアップで仕立てて、ジャケット単品・パンツ単品のコーディネートも楽しめそうです。

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_27.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_28.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_29.jpeg

グレンチェック

 このグレンチェックが個人的には一番好みで、写真を撮りながらオーダーを心に誓ってしまいました。ブルーグレー、ブルー、ブラウンの3色。少しくすんだ発色とシアサッカーの肩の力の抜けたソフトな表情のバランスが秀逸だと思いました。あえて洗い晒しのシャツにニットタイで、脱力感のあるクラシックなコーディネートが楽しそうです。

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_31.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_32.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_33.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_34.jpeg

Vitale Barberis Canonico(ヴィターレ・バルべリス・カノニコ)
ウール100% ナチュラルストレッチ・シアサッカー

 カノニコと言えばナチュラル・ストレッチのシアサッカー。ウール100%のシアサッカーですので、シワになりにくく、コットンよりも落ち着いた表情です。秋冬に好評頂いているウール・コーデュロイといい、ウールでスポーツファブリックを表現するカノニコらしい生地。全7色。一番下のネイビーのワントーンでしたら、ビジネスシーンでも活躍しそうですし、シアサッカーらしいホワイトベースのストライプも捨てがたいですね。

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_39.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_40.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_41.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_42.jpeg

無地・織柄

 最後に王道の無地・織柄のご紹介です。やっぱりコーディネートし易く、シーンを選ばず着られる無地のセットアップは1着はおさえておきたいところ。セットアップはもちろん、夏に向けてドローストリングパンツ単品のご注文も多いです。

DONDI(ドンディ)
コットンジャージー

 こちらはコットン100%のジャージーです。ホップサックの様な素材感で、清涼感あふれる生地です。ホワイト、ライトブラウン、ブルー、ブラックの4色。裏地無しのアンコンジャケットにうってつけです。

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_15.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_16.jpeg

REDA(レダ)
レダ・アクティブ
スーパー120'sウール100%ジャージー

 スムースのウールジャージーと言えばレダ社の十八番。私もレダ社のグレージュのウールジャージーで仕立てた、ダブルブレステッドのセットアップを愛用しています。光沢の美しいウール・ジャージーはグレー、ブルー、ネイビー、ブラックの4色展開。上下でセットアップスーツとして仕立てますと、ラグジュアリー・カジュアルの雰囲気が楽しんで頂けます。素材も厚過ぎず薄過ぎずのウールですので、4シーズン活躍してくれます。

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_19.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_20.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_21.jpeg

TG di FABIO(ティー・ジー・ディ・ファビオ)
ウール・リネン・コットン・ポリウレタン

 伊ファビオ社は1995年創業の新進気鋭の生地メーカーです。気軽でファッション性の高い生地を提供することをコンセプトに織られたファビオの生地は、上質感がありつつ、絶妙なカジュアル感があります。
 こちらのウール・リネン・コットン素材はストレッチの効いたリネンデニムの様な質感で、セットアップスーツはもちろんのこと、ジャケット単品、パンツ単品でも大いに活躍すること間違い無し。ありそうでない、上手い生地です。全4色。

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_22.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_23.jpeg

Vitale Barberis Canonico(ヴィターレ・バルべリス・カノニコ)
スーパーソニック
ウール・コットンジャージー

 カノニコのウールコットンジャージーは、メッシュジャージーとも言いましょうか、今回ご紹介した生地の中でも最もざっくりと通気性の高い組織になっています。ウール66%コットン34%で、ウールのシワになり難さと、コットンの肌触りの良さを兼ね備えた、これからのジャケット生地です。
 「ホップサックのジャケットは好きだけど、もう少しカジュアルにコンフォータブルに着たい!」「Tシャツの上から何も考えずに羽織れる、ベーシックなジャケットが欲しい!」という方にお勧めしたい、鉄板のジャージージャケット素材です。ライトブラウン、サックスブルー、ネイビーの3色。少し重くはなりますが、シルバーのメタルボタンでブレザー風に仕立てるも良し、貝ボタンで軽快に仕立てるも良し。

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_35.jpeg

20220411_2022ssfabric_jersey_stretch_36.jpeg

 ドレッシングラボお勧めのセットアップ向け2022春夏リコメンドファブリック、いかがでしたでしょうか。お気に召す生地がありましたら幸いです。今回ご紹介した生地に加えて、ドレッシングラボではこちらのページでご紹介している独自セレクトのセットアップ用生地を常時ご用意しております。

 弊店ですと今までイージーセットアップをご注文下さったお客様は、高い確率でリピートオーダーを頂いております。皆様、一度弊店のセットアップをオーダーして着られると、着心地の良さと共に、着回しの良さからセットアップがワードローブのローテーションとして欠かせなくなるそうです。かく言う私もセットアップはリピートオーダーし続けています。スーツとはまた違った魅力のあるセットアップ、まだお試しになられていない方は、まず1着トライしてみて下さいませ。きっとご満足頂けることと思います。もちろん、リピートでのご注文も、心よりお待ち致しております!

Photo Gallery

TDL Bespoke Line 「ビスポークジャケット」レビュー 総毛芯仕立てのスーツに新型登場!「ゴールド・モデル」
Posted by Tomohiro Hayashi
林 倫広

服に関わる駆け込み寺として、お気軽にご相談頂いてお役に立てれば何よりです。
皆さまとお目にかかりお手伝いさせて頂ける事を心から楽しみに致しております。
※ご来店の際は必ずご予約をお願い致します。
お下見・ご相談だけでも喜んで承りますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

ご質問・ご相談 来店のご予約 facebook LINE